現在位置の階層

  1. ホーム
  2. くらしの情報
  3. 高齢者・介護
  4. 地域包括支援センター

くらしの情報

地域包括支援センター

地域包括支援センターとは?

地域の高齢者が住みなれた地域で安心して暮らすことが出来るように、介護サービスをはじめ保健・医療・福祉など様々な相談に包括的、継続的に対応する機関です。

 

<総合相談>

高齢者や家族、地域住民からの総合的な介護や福祉に関する相談への対応、必要なサービスや機関につなげて支援をします。

<介護予防ケアマネジメント>

介護予防ケアプランの作成、介護予防事業(予防給付、地域支援事業)のマネジメント

要介護認定により要支援1・2と判定され、介護サービスを必要とする方のケアプランを作成します。

<包括的・継続的ケアマネジメント>

地域のケアマネジャーや医療機関、介護、福祉サービスなどが総合的に関わるよう、関係者の調整、各種ネットワークを結び連携を図りながら地域ケアを推進していきます。

<権利擁護>

高齢者の虐待防止、消費者被害や成年後見制度に関する相談や支援を行います。

<各種調査の実施>

・お達者健診

日常生活を送るための心身の能力が低下していないか確認する問診です。「介護予防のためのサービスが望ましい」と判定された方に介護予防教室のご案内をします。

 

・高齢者一般調査 

高齢者の世帯状況・緊急時連絡先について確認し、台帳整備を行います。

(対  象)いずれも65歳以上の方(介護認定者を除く)

(実施方法)①各地区で行う特定健診 ②個別郵便で案内します

<各種教室のご案内>

・お達者いきいき教室

(対 象)お達者調査等により「介護予防のためのサービス利用が望ましい」とされた方

(内 容)筋力向上、栄養改善、口腔機能向上、膝痛・腰痛対策、認知症予防、閉じこも

り予防、うつ予防

 

・お達者ぴんしゃん教室       

(対 象)65歳以上の方      

(内 容)貯筋体操         

(場 所)ケアセンターおとべ    

 

・おたっしゃ体操教室

(対 象)中高年の方、今の若さを保ちたい方

(内 容)貯筋体操、ボールを使った体操など

(場 所)各地域のコミュニティーセンター

 

・男のためのお達者教室(体操・料理)

(対 象)65歳以上の男性のみ

(内 容)貯筋体操、栄養改善講座、調理実習

(場 所)【体操】ケアセンターおとべ・【料理】高齢者ふれあいセンター